マツエク商材を仕入れる時

アイリストとなってマツエクサロンを開業するには、色々な準備が必要です。

サロン開業までの流れや、どれくらいの資金が必要なのかも知っておきましょう。

必要な資格は、美容師の資格です。

美容師の資格が無くてもサロンは開業できますが、その場合はセルフエクステサロンとなります。

自分で施術したいのであれば、美容師資格を取得しましょう。

知識を身につけよう

マツエクサロン開業は、まつ毛エクステの知識とテクニックがあればできるのですが、医療についての知識も身につけておいた方が安心です。

そういった知識を身につけずに施術をして、エクステが角膜を傷つけたり、グルー(マツエクの商材で地毛とエクステを接着するもの)がまぶたについてくっついてしまったりといったトラブルが起こった例もあります。

スキル不足のアイリストにならないよう、知識と技術を身につけましょう。

マツエクサロン開業はお金がかかる?

サロンの開業というと、かなりのお金が必要ではないかと思われますが、自宅の一部をサロンにするとか、出張サロンという形をとると比較的手ごろな資金で開業ができます。

サロン備品やサロンワゴンなどは、マツエク商材を扱うお店で中古品を販売しているところもあります。

そういったものを利用すれば、かなりお買い得な値段で買えます。

また、ネット通販を利用して購入することも出来ます。

おすすめはまつげエクステプロ用商材bilux【美楽】です。

サロン開業までの流れサロンを開業する流れは、事業計画を立てる、資金計画を立てる、物件をリサーチする、美容機器や商材の手配、集客サポート、というようになっています。

美容院やネイルサロン開業よりも資金はかかりません。